レーシック難民の合併症

レーシック手術は目の黒目の真上にある角膜という組織をレーザーにより削り取ることで視力回復や乱視の改善などを測る方法です。この手術がうまくいくと、メガネやコンタクトが必要なくなるので、メガネの煩わしさや、コンタクトの異物感や渇きに悩んでいる人にはとても良い方法です。

しかしながら、様々な合併症を発症するリスクがあります。

またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、いまこの暗い巨きな石の建物のなかで考えていると、みんなむかし風のなつかしい青い幻燈のように思われます。では、わたくしはいつかの小さなみだしをつけながら、しずかにあの年のイーハトーヴォの五月から十月までを書きつけましょう。

また、レーシック手術をした人の多くは目が乾くドライアイに悩まされています。これは角膜表面にあるセンサーがレーシック手術によって傷つき、涙をうまく分泌できなくなります。ドライアイもまた、明確な治療法がないので、数時間に一度目薬をさすなどかなり高頻度に目薬をさす必要が出てきます。

過矯正という症状もあります。過矯正とは、レーシックは通常視力を1.5程度まで回復させるため遠くのものはよく見えるようになるのですが、近くのものを見るのに負担が大きくなってしまいます。視力の回復の程度は角膜を削る量によって決まるのですが、一度削りすぎてしまった角膜は元に戻すことはできません。そのため、視力を向上させすぎてしまった場合、読書やコンピューターを使う時に手術前よりも疲れるようになることもあります。

これらの症状は眩しさや、目の渇き、目の疲れなど、客観視することや数値化することが難しい場合もあります。そのため、医療機関によって手の施しようがなく、たらい回しにあう場合があります。

そして、たらい回しにされてしまう人のことをレーシック難民と呼びます。

レーシック手術に使われているレーザー機器は日々どんどん進歩しているため、最新の機器を使う場合、合併症のリスクはほとんどありません。しかし、機器が古かったり、医師の経験や技術が不足している場合、合併症を引き起こしやすいことがあります。

そのため、医師の評判や、しっかりとしたコミュニケーションとり、手術内容や、手術後のケアなどの相談を事前にしておくことが重要です。

コメントを残す