視力を回復させるためにできること

現代はパソコンやスマートフォンの普及など、目の疲労が溜まりやすい環境です。ですので、視力が低下したという方も多いことでしょう。

若い人であっても、長時間スマートフォンを使用するなど眼を酷使していると視力が低下してしまいます。

視力が低下した場合、眼鏡やコンタクトレンズを使用する方が多いですが、それは視力を回復させているわけではありません。

では、視力を回復させる方法はあるのでしょうか。

視力を回復させるには、視力が低下する原因を探る必要があります。その原因として考えられるのは、白内障などの病気によって視力が低下する場合と、目の筋肉が衰えた場合です。目の病気の場合は、すぐさま病院で治療してもらいましょう。個人でどうこうできるものではありませんし、放置していれば悪化する可能性があります。目の筋肉が衰えている場合は、筋肉を鍛え直せば良いので、視力が回復する可能性があります。

目の筋肉を鍛える手段はたくさんあります。例えば、遠くを見つめることで目の筋肉を鍛えられます。

目のどこの筋肉が衰えていることで視力低下が引き起こされているかは、人それぞれですので、それぞれの方に合った鍛え方をしましょう。

さて、これ以外にも視力を回復させる方法として、生活習慣の改善があります。あまりに片寄った食事をしていたり、睡眠時間が不規則であったりしていると、視力が低下してしまいます。それらを改善することで、視力が回復する可能性あるのです。目に良い食材として、ブルーベリーが挙げらますので、それを積極的に食べるというのも良いでしょう。

手術で視力を回復することもできます。その手術とは、一度は聞いたことのあるであろうレーシック手術です。レーシック手術を受ける人は増えていますし、受けてみるのも一つの手です。

しかし、レーシック手術は角膜を削るのでリスクがないわけではありません。可能性は低いですが、後遺症が残ることもあります。それを踏まえた上でレーシック手術を受けるか判断しましょう。

ブルーベリー以外の、視力回復に良い食べ物

視力回復に良い食べ物といえばブルーベリーを想像する人は多いとおもいます。

目のために、ドライフルーツやサプリメントで摂取ししている人も多いのではないでしょうか。

中医学の観点から、ブルーベリー以外に目に良い食べ物を紹介したいと思います。

中医学では「肝」つまり肝臓は「目につながる」と言われており、目と肝臓は深い関わりがあります。

一見関係なさそうな臓器ですが、肝は自律神経をととのえたり、血を貯蔵し、必要に応じて供給するという血の調節機能を持っており、血が十分に蓄えられれば必要な栄養が行き渡り”目も良く見える”という考え方です。

一般的に視力低下の要因は、パソコンの長時間の使用、テレビを横になってみるなどの目の酷使や、長時間近くのものを見続けることと言われていますが、中医学では肝臓の働きが低下し血が不足すると、視力の低下やドライアイ、眼精疲労になると言われています。

なので、肝臓に働きかける食材を積極的にとると視力回復に一役買ってくれるかもしれません。

ブルーベリーはもちろんなのですが、人参、鰻などの”ビタミンA”や、クコの実を食べると良く、さらにオススメなのはゴマです。

白胡麻は体液に、黒胡麻は血液に働きかける効果があります。

なので

またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、いまこの暗い巨きな石の建物のなかで考えていると、みんなむかし風のなつかしい青い幻燈のように思われます。では、わたくしはいつかの小さなみだしをつけながら、しずかにあの年のイーハトーヴォの五月から十月までを書きつけましょう。

 

など、野菜の胡麻和えにして食べてみてください。

ちなみに、冬に溜まった毒素を排出するために春は代謝が活発になり、肝臓がバランスを崩し弱りやすいと言われているので、それを補ってくれる「菜の花の胡麻和え」を食べるのは中医学的には理にかなっています。

目にホットタオルを当てて血行を促進する、たまに遠くのものを眺めるなど、目をきちんと休める休養」も大切なので、ゴマや人参、ブルーベリーでしっかり「栄養」も摂取し、両方の面から目をいたわってみてください。

解毒器官である肝臓をいたわってあげると視力回復だけでなく、健康にも良い影響が出てくるとおもいます。

参考にしてください。

老眼が始まってきた! 視力回復には意識的に臨みましょう。

40歳代に入ってくると、どうしてもさけられないものなのか、老眼が入ってきますね。

長年、良い視力で過ごせてきた人にとっては、老眼は早めに訪れ、しかも目の視力不調に慣れないため、とても疲れやすく、大きな気がかりとなっているのではないでしょうか。

視力回復は簡単にはできないとはいえ、老眼の視力回復は比較的、日ごろの動作で効果があげられます。

視力回復にとって大事なのは、眼の疲労を癒すということにつながるからです。

また、更年期障害での視力の低下などに関してはサプリメントの摂取なども比較的オススメです。

エクオールサプリ

おすすめの方法は、眼を温めることと、眼の周りの指圧、そして自分に合った目薬を用いるということが挙げられます。

眼を温めることは、お湯で温めしぼったタオルを目の上にのせるという簡単なものです。

そのまま10分間は目をつぶってリラックスしましょう。

温熱効果のある目のマスクも市販されていますので、職場や外出先でも使えます。

眼の指圧に関しては、眼の周りを優しく、そしてポイントで指圧します。

特に眉毛の上を5秒間ずつ押していくのがおすすめです。

これはすぐに視力回復を実感できます。

眼球の上だけは指圧は禁止です。

次に自分に合った目薬ですが、眼のしばしばする感じや、鳥目のような感じ、不快感などに効果的です。

でも、合う、合わないがけっこう顕著に表れるようですから、いくつか試してみることが必要でしょう。

ドライアイをは併発している人は、まずはそこから潤していくことも大切でしょう。

そして、視力回復をさせるためには、今の自分に合った眼鏡を使用していることもとても重要です。

今は眼鏡店でも視力を計ってくれますが、視力検査員の技術的なことが実は大きく影響するのが視力検査なのです。

その検査から眼鏡の度数を決定していくわけですが、これは非常に経験や問診が重要になってくる作業となります。

市販されている老眼鏡は一様に左右同じものですが、視力回復を期待しながら、すくなくとも現状維持をさせる場合は、現在の自分にしっかりと合った眼鏡を使用していないと、。視力は低下する一方となってしまうのです。

眼鏡の視力検査をする時は、こちらからも検査員に質問しながら、どのような見え方が最良で、そして楽か、ということなど、多面的に検査をしながら、眼鏡度数を決定してもらいましょう。

人によっては左右対称ではなく、乱視が混入している人もいますし、自力の調節機能も人それぞれなのです。

それらをきちんと加味してくれる検査員のいる眼鏡店や、眼科へいって、最初の眼鏡を普段から使用し、視力回復にとって良い状態を保つことが大事となります。

コメントは受け付けていません。